2007年08月13日

WEB復刻版!古賀慎治のトロンボーン・ワンポイントレッスン(正式公開版)

長らくお待たせ致しました!!!

ようやく画像の貼り付け終了いたしました。これでなんとか公開版と言うことで大丈夫でしょうかね?

1994年4月号より1995年4月号まで13回にわたり、月刊バンド・ジャーナル(音楽之友社刊)誌上で僕が連載させていただいたものを、バンドジャーナル編集部さんのご好意でほぼそのままネット上で公開したいと思います。


連載当時、相当苦労した割には年数も経つと自分でさえも見向きもしないような感じになってしまい、もったいないなあと言うのが公開の動機です。掲載文字数の関係で実際には3倍以上は執筆したのを推敲したので、当時としては書ききれなかったこともたくさんあります。

基本的に連載当時のままの文章を載せるつもりですので、時間的におかしなところはご容赦くださいね。必要があれば分かるように補足したいと思います。楽譜や説明図などはクリックすると大きめの元画像が開くようになっているはずです(^^;)。デザインその他も、当然ながら実際の誌面とは違います(うまくいくかな〜)。

それで、これがブログ活用のキモなんですが、疑問なことや質問などありましたら、記事の上か下に“コメント”と言うところがあると思うので、そこの数字をクリックしてもらうと掲示板が出てきます。そこへ、記事に関した疑問や質問など、ぜひぜひ書き込んでくださいね。質問のレベル(初級〜上級とか)は問いません。素朴なギモン大歓迎です。きっと後々それが誰かの役に立つこともあることでしょう。関係ない投稿やそのほか他人に迷惑のかかるような不快な投稿などは管理人の判断で削除しますのでよろしくお願いします。投稿はメールアドレスは不要ですし、ハンドルネームでも構いません。

あと、誤字脱字、間違い、表示が崩れる等、多々あるはずですので、ご指摘いただけるとありがたいです。

楽譜などの画像も他の公開方法もあるとは思いますが、ひとまず何とか形になったかな?と言うことで、とりあえずこのままいってみます。

リンク切れやCDの紹介ページでの取り扱い終了など、不揃いなところ多々あると思いますが、何かのお役に立てればいいなあと思っています。

読み返してみるとまあ例え話の不自然さやら、相変わらずの作文の稚拙さ(^^;)などありますが、まあ一度世に出たのは事実なのでほぼそのまま公開といたします。どうぞよろしくお願いします。

posted by こが@管理人 at 01:42| Comment(2) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
中2のテナーバストロンボーン奏者の美喜と申します。
古賀さんはとてもいい音を出しているのでとても尊敬していてお手本にさせて頂いてます。

そこで質問なんですが、使っている楽器を教えて頂いてもよろしいですか?

お時間ある時によかったら返信お願いします。
Posted by 美喜 at 2011年07月03日 10:20
美喜さん
はじめまして。どうもありがとう。

僕の使っている楽器はBACH 42GB Thayer仕様です。一般的にはBACH 42Bの赤(ゴールド)ベル、セイヤーバルブ仕様と言うことになります。オケで使っているものは約10年位、カルテットやソロで使っている楽器は24年位になりますか。どちらも主に吹き心地重視の調整などされています。僕はBACHのサウンドが好きなので使い続けています。中2だと自分で試奏して選ぶというのは、どうでしょう?まだ早いかな??

好きなプレーヤーの楽器を参考にすると言うのも確かにアリだと思います。中級〜上級という感じになってくれば、自分で試奏して選ぶというのが一番良いと思いますよ。

ご参考までに。
Posted by こが@管理人 at 2011年07月06日 15:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。