2007年08月06日

第8回(1994年11月号)

 BJ読者のみなさん、先月号のレガートのレッスンはその後うまくいってますか?少々難しかったかもしれませんが、ここが、メロディ楽器として音楽を楽しめるようになるかどうかの分かれ道……というと少し大げさですけど、それぐらい大事なところです。予備練習のところをたっぷりと、正確に行ってから、メインの練習に移ってくださいね。

 さて、今月のテーマは「さまざまなアーティキュレーション」についてということで、まずはアーティキュレーションという言葉の意味から。「各音を明瞭に出すこと、各語をはっきり発音すること。スタッカートの場合は、吹奏楽においては気息の中絶によるか、または急速なときは舌の助けをかりて行う」(音楽之友社「標準音楽辞典」より抜粋)とあります。

 しかし、これだけでは難しいので、もう少しわかりやすい表現のものを探してみると、「アーティキュレーションとは、音楽のなかに見出されるスラーとアタックのコンビネイションに他ならない」(全音楽譜出版社刊、フィリップ・ファーカス著「プロ・プレイヤーの演奏技法」より)とありました。要するに、アーティキュレーションとは、明確にアタックをするのか、スラーにするのかという区別をはっきりさせて、単なる音符の連続から、メロディをつくり出すことなのです。

 譜例@を見てください。ここで先月号のレッスンが生きてきますね。
11-furei1.jpg
(a)(b)(c)と3種類並んでいますが、順に演奏してみてください。スラーの位置が変わる、すなわちアーティキュレーションが変わるだけで、メロディの感じが変わりませんか?さらにこれを言葉に置き換えて考えてみるとわかりやすいので、次の言葉を・で区切りながら読んでみてください。


(a)お・お・ぱ・か・よ
(b)おおば・かよ
(C)おお・ばかよ?!


というふうにまるで内容が違ってきます(読者の中に、もしも“おおば かよ”さんがいたらごめんなさい。悪気は全くありませんからね)。

 ちょっと例えが変かもしれませんが、このように話し言葉では一語一語を切ったり続けたりということをほとんどの人が簡単に行うことができるのですが、トロンボーンではスラーの時もタンギングしていることが多く、スラーとそうでないところの差があいまいになりやすいのです。ちょっとした不注意で、作曲者が考えたのと違う音楽になったりしては困りますよね。やはり、作曲者が意図した音楽は、大切にしないといけませんよね。

 というわけで、アーティキュレーション練習のための課題を譜例Aに挙げておきます。※のところは特に注意してください。大切なのは、目の前の人に向かって演奏するのではなく、大きなホールのいちばん後ろの人がハッキリときき取ることができるように、スラーはよりなめらかに、そしてタンギングで音と音の間をハッキリと分けるところは分けて、ということです。
11-furei2.jpg

 さらに、譜例Bではスタッカートを含んだ練習曲を用意してみました。スラーとスタッカートの差をはっきりと出すのはもちろんですが、音量のバランスにも気をつけてくださいね。一般的に、金管楽器では細かく短い音符ほど、音量が出にくくなります。スラーの音よりスタッカートのほうが、小さくなりやすいので、均等にきこえるように練習しましょう。
11-furei3.jpg


 スラーとスタッカートは、ふつうに考えれぱ吹き分けるのは難しいことではありません。それは、アーティキュレーションの面から考えると、両極端だから変化がつけやすいはずだからです。しかし、自分ではたくさん変化をつけたつもりでも、少し離れたところできいてもらったり、録音したりすると、思ったほどの効果が出てないということがよくあります。というより、ほとんどがそういうことぱかりです。

 しかし仮にアーティキュレーションや強弱などがバンドの全員できちんとできていれば、その時は想像以上の効果が得られます。ぜひ、みんなで変化に富んだいい演奏ができるように頑張ってください。

 それにしても、演奏にしても、このような文章にしても、他人に物事を正確に伝えるというのは本当に難しいですね。

 最後に、僕が大学時代の出来事で、H先輩がK先輩のところへ、トロンボーン・アンサンブルの練習予定を電話した時のお話。

「あのお、今度の練習なんですが、1時4時でガブリエリです」

「えっ、吉祥寺でがぶりより?!なんだよそれ」

というわけで、また来月お会いしましょう。


posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(0) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。