2007年08月13日

WEB復刻版!古賀慎治のトロンボーン・ワンポイントレッスン(正式公開版)

長らくお待たせ致しました!!!

ようやく画像の貼り付け終了いたしました。これでなんとか公開版と言うことで大丈夫でしょうかね?

1994年4月号より1995年4月号まで13回にわたり、月刊バンド・ジャーナル(音楽之友社刊)誌上で僕が連載させていただいたものを、バンドジャーナル編集部さんのご好意でほぼそのままネット上で公開したいと思います。

続きを読む
posted by こが@管理人 at 01:42| Comment(2) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回(1994年4月号)

 みなさん、はじめまして。今回からこのコーナーを担当することになりました、古賀です、よろしく。こういう雑誌でのレッスンというのははじめてなのですが、これを機に僕も今まで練習してきたことを、もう一度見直していきたいと思っています。まあ、一緒に楽しんでやっていきましょう。

 さて、今回はこのレッスンの第1回目ということですので、これからどんなことをやっていくのか、大まかなスケジュールを話しておきたいと思います(そのとおりうまく進んでいけばよいのですが……)。

続きを読む
posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(1) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

第2回(1994年5月号)

 BJ読者のみなさん、こんにちは。悪夢のような、あのお粥の日々ともおさらばして、やっと心おきなくコーヒーを飲めるようになりました。あーやれやれ。

 さて、いよいよ今月から本題に入ります。今月のテーマは、4月号で予告したとおり「とりあえず、音を出してみよう」ということで、主にマウスピース(=マッピ)で、音を出すまでを考えてみようと思います。まあ肩の力を抜いて、気長にいきましょう、気長にね。

続きを読む
posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(3) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

第3回(1994年6月号)

 BJ読者のみなさん、お元気ですか。この春からトロンボーンをはじめた人も多いのではないかと思いますが、もう楽器には慣れましたか?まだまだ自由自在に曲を演奏するわけにはいかないと思いますが、まあどんな名人でも最初は例外なく下手だったわけですからね。気長に、のんびりやりましょう。

 さて、今月のテーマは、GOOD SOUND の素、「ブレス・コントロール」です。4月号で述べた、僕の考えるところのいい音を得るためには、常に安定した空気の流れを楽器の中に送り込む必要があります。呼吸法といってしまうと難しい感じがしますが、要するにみなさんが、無意識のうちにしているその呼吸の動作を、音楽の流れに合わせて、トロンボーンが適切に鳴ってくれるように効率よく行おうということです。

続きを読む
posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(0) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

第4回(1994年7月号)

 BJ読者のみなさん、元気に練習に励んでますか?ブレス・コントロールについてはわかってもらえたかな。僕の説明だけでは不十分かもしれないので、前のぺージ(※)の渡部先生のレッスンの5,6月号を参考にさせてもらいましょう。ユーフォニアムとは、マウスピースの大きさも近いし、音域もほぼ同じなので、きっと大いに参考になるでしょう。

続きを読む
posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(0) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

第5回(1994年8月号)

 BJ読者のみなさん、先月号のレッスンはいかがだったでしょうか。毎日暑くて、ついつい基礎練習がおろそかになってしまいがちだと思いますが、この暑い季節こそ基礎力を向上させるチャンスです。僕もミネラルウォーターのビンを片手に練習に励んでます。みなさんも、暑さに負けずに頑張ってください。

 さて今月は、タンギングと舌の働きについて考えてみたいと思います。
続きを読む
posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(0) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

第6回(1994年9月号)

 BJ読者のみなさん、お元気ですか?このところ、東京のトロンボーン界は演奏会、クリニックとまれに見る盛り上がりを見せています。みなさんも、雑誌の記事や、トロンボーン協会の会報などで、いろんな情報に触れてみてください。

 さて今月は、ちょっと話を変えて、楽器の選び方についてお話ししたいと思います(予告とちょっと違うけど、カンベンしてね)。トロンボーンは金管楽器の中では比較的安価な方ですが、簡単に買えるような値段ではないので、じっくりと時間をかけて長くつきあえるいい物を選びたいですね。

続きを読む
posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(5) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

第7回(1994年10月号)

 いやあ暑い!この号が出るころは、少しは涼しくなっているんだろうけど、この原稿を書いている今はとんでもなく暑いよ。しかも、頼みのエアコンも故障してしまって、もう最悪。バテバテです。みなさんは夏バテしてませんか?

 さて、今月のお題は、「スラー&レガート」です。ものの本によると、「スラー」とは「音符の上に書いてある弧線のこと」で、「レガート」とは、「音と音の間を、なめらかに途切れないようにつないで演奏すること」とあります。でもまあ、カタイことはいわずに、今月からは音を料理するシリーズということで、なるべく楽譜を多く掲載して、実践的にいきたいと思っています。

続きを読む
posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(0) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

第8回(1994年11月号)

 BJ読者のみなさん、先月号のレガートのレッスンはその後うまくいってますか?少々難しかったかもしれませんが、ここが、メロディ楽器として音楽を楽しめるようになるかどうかの分かれ道……というと少し大げさですけど、それぐらい大事なところです。予備練習のところをたっぷりと、正確に行ってから、メインの練習に移ってくださいね。

 さて、今月のテーマは「さまざまなアーティキュレーション」についてということで、まずはアーティキュレーションという言葉の意味から。「各音を明瞭に出すこと、各語をはっきり発音すること。スタッカートの場合は、吹奏楽においては気息の中絶によるか、または急速なときは舌の助けをかりて行う」(音楽之友社「標準音楽辞典」より抜粋)とあります。

続きを読む
posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(0) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

第9回(1994年12月号)

 BJ読者のみなさん、元気に練習してますか?ところで、9月号で楽器選びを取り上げましたが、そんな矢先、先日かなりよさそうなマウスピースを手に入れることができました。

 今までは僕の先生である永濱幸雄先生にいただいたバックの6 1/2 ALというマウスピースを13年間使ってきたのですが、はっきりいって僕にとってそれよりもいいものに出会うことはありませんでした。しかし、つい最近楽器店で紹介してもらったものに、それを超えるような可能性を感じさせるものがあったので、今現在テストしているところです。

 しばらく使ってみて使いこなせるようになったら、新しいほうに取り替えるか、バックに戻るかの判断をしたいと思っています。機会があれぱ、このぺージで報告したいと思っていますので、興味のある人はお楽しみに。

 さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、今月は最もトロンボーンらしいというか、トロンボーンならではの「スライディング」に関するお話です。

続きを読む
posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(1) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

第10回(1995年1月号)

 BJ読者のみなさん、お元気ですか。前回ちょっとお伝えした、例のマウスピース選びのその後ですが、結局新しい物に替えることにしました。決め手は、大ホールでテストしてみて、より豊かなサウンドが客席まで届くという声が多かったからです。もちろん、すべての面にわたってパーフェクトなマウスピース等というものはあるはずもなく、必ず何らかの我慢は強いられますが、それは何とか練習でカバーできそうなメドが立ったので決めました。

 高い音も低い音も楽に出せて、リップスラーも楽にできて、口当たりがよくて、豊かないい音が出せて、どんなに長い時間吹いてもバテなくて…etc.そんなすごいマッピ、あるといいけどねえ。

 さてさて、今月も本題と関係ない話題から入ってしまいましたが、今回は、音楽や楽器を学ぶうえでの、基本中の基本「スケール(音階)」についてのお話です。

続きを読む
posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(0) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

第11回(1995年2月号)

 BJ読者のみなさん、先月号の音階練習はうまくいってますか?

 さて今月は、先月号で予告したように「わが家の本棚から」というテーマでお話ししようと思います。何のことかというと、何のことはない、うちの本棚にある教則本の中から、みなさんのお役に立ちそうなものを選んで紹介してしまおうということです。しかし、ここに紹介できないものの中にも素晴らしい教則本はたくさんありますので、楽器屋さんに行く機会があったら、ぜひ自分の目でも探してみてくださいね。

続きを読む
posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(0) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

第12回(1995年3月号)

 親愛なるBJ読者諸姉諸兄、今月はいよいよこの1年の総まとめということになります。今までのレッスンをふまえて、毎日の練習(デイリー・エクササイズ)の組み立て方などについて考えてみようと思います。

続きを読む
posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(0) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

第13回(1995年4月号)(最終回)

 BJ読書のみなさん、お元気ですか?また、(※1)特に関西方面の地震の被害にあわれたみなさんには、心よりお見舞い申し上げます(2月号パンド・プラザにご登場の伊丹市吹奏楽団のみなさんはお元気なんでしょうか)。東京に住んでいる僕らには、残念ながら今のところ募金とかチャリティに協力することぐらいしかできませんが、1日も早く関西のホールがブラスの響きで再び満たされることを願っています。どうか頑張ってください。

 さて、こんな時に僕の趣味の話なんかしている場合じゃないけど、今回で最後なので、僕のお気に入りのトロンボーン関係のCDの中から、これはスバラシイ、一生の宝物、と思っているものを紹介してしまおうと思います。僕のコメントを読んで、もし興味がわいたら、何とか手に入れてきいてみてください。レコード屋さんに行ってすぐに見つかるようなものはないと思いますが、通信販売で手に入れることが可能なものもありますから、ぜひトライしてみましょう。

続きを読む
posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(0) | ◆WEB復刻版ワンポイントレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。